大人のためのプラセンタJBPプラセンタの本当の話

JBPプラセンタエキスのサプリが更年期障害に効果があるという事実


更年期とは閉経の前5年、後5年の計10年間を指します。

更年期に入ると特に閉経の1~2年前は更年期障害を感じる場合があります。

人によって症状の軽重、あるなしは違うようです。


医療機関専売のポーサイン100はブタプラセンタエキスですが、ホルモン療法で

も効果が見られなかった患者様を対象にした臨床データがあります。これが

参考文献として産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2017という本の中の

「更年期障害に対する漢方治療・補完代替医療はどのように行うか」という

項目で紹介されています。


この本の中で更年期障害に対する補完代替医療として

低用量大豆イソフラボン(25mg/日)、大豆イソフラボンの一種

S-エクオール、ブタ胎盤抽出物、ブトウ種子ポリフェノールがホットフラッ

シュを含む更年期症状を改善することが報告されている。と記載されてい

ます。

 (大豆イソフラボンは植物エストロゲンなので摂取量は気を付けなければ
      ならないようです。食品からの摂取に上乗せする安全な大豆イソフラボ
      ン摂取量は1日30mgとしています。)


この中でブタ胎盤抽出物と挙げられていますが、これはブタ由来のJBP

プラセンタエキスの臨床データが裏付けとなっています。JBPプラセン

タエキスは何度も書きましたが、日本生物製剤独自の抽出方法ですので、

JBPプラセンタエキス以外のブタプラセンタエキスについては補完代替

医療となり得るのかは?となります。


私自身は更年期の半ばでポーサイン100からヌメロトワラミュレットプラセン

タサプリに切り替えました。ヌメロトワラミュレットプラセンタサプリは馬

由来のJBPプラセンタエキスですから、更年期症状についてのデータはあり

ませんがホットフラッシュが出た時は4粒に増やすことによって症状がなくな

りました。


プラセンタに対する感受性や適合性は人によって違います。

2粒でホットフラッシュがなくなったというお客様もいらっしゃれば、2粒

ではなくならず4粒から5粒まで必要だったお客様もいらっしゃいます。


私の場合は振り返ってみると、ヌメロトワのサプリ以外に週5日ぐらいは豆乳

を1日200cc(大豆イソフラボンの含有量は60cc)ぐらいと、毎晩赤ワインを

1杯から時に酩酊するまで!?飲んでいたので、それもよかったのかもしれ

ません。(飲みすぎてもヌメロトワのサプリは肝臓にもいいようで二日酔い知

らずです。)


更年期を快適に過ごすにはバランスよく更年期症状によいとされるものを摂取

するのがいいと感じています。


JBPプラセンタサプリを取り入れると更年期症状が緩和されるだけでなく

お肌や髪の毛に嬉しい変化があるのは女性としてとても有り難いことです。