大人のためのプラセンタJBPプラセンタの本当の話

複数のお客様から最近続けていただいたお問い合わせは...

サプリはどのぐらい飲んでもいいのですか? というご質問です。

お答えは...いくら飲んでも大丈夫です。 でも....

目安はこちらです。

サプリの摂取量の目安

目安として(株)日本生物製剤はサプリの摂取量の適量を提示しています。

 (株)日本生物製剤の 

      JBPポーサイン100(1カプセルにJBPブタプラセンタエキス 350mg)は1日3~6粒

   EQカプセル(1カプセルにJBPウマプラセンタエキス 250mg)は1日3~4粒

これをもとに

   ラミュレットプラセンタサプリ(1カプセルにJBPウマプラセンタエキス 300mg)は

       1日2~4粒  としています。*2016年2月14日にリニューアルして1カプセル350mgになりました。


     * EQカプセルとラミュレットプラセンタサプリの成分は同じです。 1カプセルのプラセンタ含有量
   が違います。


適量はどのように計算されたかというと....

(株)日本生物製剤がプラセンタエキス100%のサプリメントを作り始めた理由は定期的にプラセ ンタ

注射を病院に受けにいらっしゃることがおできにならない患者様のために通院しなくてもプラセンタ

注射剤投与と同じ効果が得られるようにできないだろうかということでした。 そこでプラセンタエキ

ス100%のサプリメントを作ることにしました。 注射で投与するのと経口で服用するのとでは力価、

(有効成分の効き具合)が違います。ですので経口つまりサプリメント服用でプラセンタ注射剤投与

と同じ効果を得るためにはどのぐらいの量を服用すればいいかを計算しました。  その結果が......


   JBPプラセンタエキス(ヒト)700mg 服用= ラエンネック1アンプル(2cc)投与


ただし、このJBPプラセンタエキス700mgというのはヒトプラセンタエキスの場合です。

(ラエンネックP.Oというヒトプラセンタエキスを使ったサプリが輸出用にあります。  国内では医療

機関様が個人輸入をなさって販売していらっしゃる医療機関様もあります。)


ブタやウマのプラセンタエキスはヒトプラセンタエキスより1割ほど弱いためヒトプラセンタサプリ 

より多目に服用することを(株)日本生物製剤はお薦めしています。

多く飲めば飲むほど効果があるかどうか

いくら飲んでも大丈夫だからといって、多く飲めば飲むほど効果があるのでしょうか。

(株)日本生物製剤では一日8カプセル(1カプセル350mg ヒトプラセンタの場合)

ぐらいまでは飲む量と効果は比例するけれども、これ以上飲んでも体内で分解されて単

にアミノ酸になったり、体外に尿とともに排出させて無駄になってしまうとしています。


私自身、風邪を引いて体調が非常に悪い時やヤケ酒をした、いえ、ひどい深酒をして

しまった時などに1日8カプセルに相当するぐらいのラミュレットプラセンタサプリを

飲むときはまれにあります。

ラミュレットプラセンタサプリはどのぐらい服用するのがいいのか

ラミュレットプラセンタサプリは1カプセルに300mgウマプラセンタエキスが入っていますので3

カプセル服用すれば計算上はラエンネック1本分は十分に摂取できるということになります。
(2016年2月14日以降のものは1カプセル350mg)

プラセンタ注射は毎日受ける方はそういらっしゃらないと思います。毎日飲む場合3カプセル

必要かどうかはその方の感受性によるのでご自身でお試しになってみるのが一番だと思います。


お客様にアンケートでお聞きしたときは多くの方が毎晩2カプセル或いは必要と感じた時に2カプ

セルで効果を感じてくださっていました。

年齢が上がるほど増やしていかなければいけないのかというご質問をいただいたこともあります

が、年齢と量を比例させる必要はありません。70歳以上の方々も2カプセルで十分効果をお感じ

頂いています。

プラセンタがご自身に必要かどうかを知るには....

もし、健康やお肌のためにプラセンタにご興味をお持ちでしたら注射でもサプリでも構いませんが、

(株)日本生物製剤のものをまずはお試しください。医療機関によってはラエンネックを点滴で

投与していらっしゃる機関もあります。


プラセンタがご自身のこれからの生活に必要な物なのかどうかは(株)日本生物製剤のものをお試し

いただければお分かりになります。 なぜならプラセンタの有効成分を最大限に生かして抽出してい

るものだからです。 これほどのものは他にはありません。しばらく試してみて何も変化をお感じに

ならなければプラセンタは今のご自身に必要ないでしょう。変化をお感じになるようであれば

プラセンタが上手に年齢を重ねるお手伝いをすることができます。


サプリをお試しになるのであれば......

(株)日本生物製剤のブランドとしては100%プラセンタエキスの製品は上記のものがあります。

ヌメロトワの製品ももちろん(株)日本生物製剤のJBPプラセンタエキス100%です。

これ以外にも(株)日本生物製剤が原料を提供したり、OEMでお作りしているものもあります。

その他の成分が入っているかどうかや価格やサービスは様々なのでお比べいただいて

お選びください。


それでは次回はなぜラエンネック、JBPプラセンタエキスは老化予防の働きがあるのかをお話し

したいと思っております。